レシピ RECIPE

File.04 ステーキ×とろける味わいぶどうジュレ

お手軽のお肉が上質ステーキに プロ直伝の 凄テク大公開

今日はちょっと特別な日。贅沢してステーキにしようかな、というママは必見!
お手頃な価格のお肉だとパサッとしたり固くなったりしてしまいがちですが、そんなお肉でも調理の 方法によって高級フレンチ店で食べるような柔らかくジューシーなステーキに仕上がります。プロが 教える簡単テクニックで、家族も喜ぶ、ちょっと贅沢なディナーの完成!

材料をみる

【材料】

牛モモ肉ステーキ用
(一枚120~150g)
… 2枚

ニンニク … 2片

サラダ油 … 大さじ2

… 少々

粗びき黒コショウ … 少々

フライドポテト … 適量

にんじんのグラッセ … 適量

クレソン … 適量

<赤ワインソース> …………

赤ワイン … 1/4カップ

… 1/4カップ

トマトケチャップ … 大さじ1

シチューの素(市販品) … 10g

<デザート> …………

とろける味わい ぶどうジュレ … 230g

【作り方】

1 牛肉は冷蔵庫からだして30分程置いて、常温に戻しておく。ニンニクは薄切りにする。

2 フライパンにサラダ油とニンニクを入れ、弱火でニンニクを香ばしく炒め、取り出しておく。

3 牛肉に塩・粗びき黒コショウをふる。

4 2のフライパンを中火で熱し、牛肉を入れこんがりと
焼き目をつけ、返して同じように焼く。

5 両面こんがりと焼けたら、アルミホイルで包んで温かい所で5分休ませる。

6 器にステーキを盛り、2のニンニクをのせ、煮詰めておいた 赤ワインソースをかけてできあがり。
お好みで、フライドポテトやにんじんのグラッセ、クレソン を添える。

POINT!

盛りつけアドバイス!

お皿の中央に食材を盛り、まわりの余白を残すことで上質感がぐんとアップします。 フードコーディネーター 堀尾 誠一さん
フランス料理店でシェフとして調理やメニュー開発、人材育成の経験を積み、1993年に「HORIO COOKING FACTORY」を設立。フードコーディネーターとして数多くの料理撮影、メニュー開発に携わる。2000年には「HORIO COOKING SCHOOL」を開校し、主宰として「HORIO流フレンチ&イタリアン」の探求に情熱を注ぎながら、料理教室の講師を務めている。

酸味と渋みが重なり合う とろける味わい ぶどうジュレ が 特別な日のお肉料理と相性抜群!

とろける味わいぶどうジュレと相性◎

  • Lineup 商品情報はこちら
  • Online Shop オンラインショップはこちら※もしくは、お近くのスーパーへ

「いいね」をもらえる撮影テク

お店で出てくるようなお料理のときはお皿とランチョンマットを平行に置いてカトラリーで動き をつけてみましょう。ぶどうジュレを置く位置は、にんじん側より緑色のクレソン側に置くとよりいっそう美味しそうに見えますよ。
テーブルの上に物が多いときは、お肉にグーッと寄って撮影すると迫力がでるのでおすすめです。

是非、お試してくださいね!

フォトグラファー 田村 朋子さん
情報誌、ファッション誌を中心に数多くの雑誌撮影に携わるほか、カタログ、パンフレットなど、広告撮影も幅広くこなす。料理、人物、ファッションと、あらゆるジャンルに対応する技術には定評がある。

Tarami おいしいゼリーの新基準、はじまる

とろける味わい